--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Tue.

本ブログを運営するUNDERGREENの
FACEBOOKサイトができました。
最新情報はこちらよりご覧下さい。



スポンサーサイト
17:21 | 野菜  【verdura】 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sat.

当ブログの説明と使い方について

※↑ 本投稿のみ未来の時間で設定しています(先頭にするため)。

スーパーマーケットソムリエについて
イタリアン(イタリア料理)の食材っておしゃれだけど、どう使うの?
本サイトでは、そんな疑問に答えるためにイタリア食材の上手な使い方や買い方を
イタリア在住のデザイナー【ゆいち】と企画マン【まじろー】がお届けします。

使い方の説明
①すばやく検索したい方      → 【カテゴリ】で分類を選んぶ。
②もっとすばやく検索したい方   → 【検索フォーム】に探したい食材名を入力する。
③なんとなく見る方        → 下へスクロール。新着順に並んでいます。
④レシピも知りたい方       → 本文中にリンクあり。友達サイト
                 ”自分家レストラン”のレシピを紹介しています。

図の見方
zu.jpg
17:52 | 未分類 | edit | page top↑
Wed.

トマトケチャップ【ketchup di pomodolo /ケチャップ ディ ポモドーロ】

icon-all-reizou.jpgketchup.jpg


イタリア人は使わない!

【販売】
全国スーパー 

【イタリアン(イタリア料理)での使い方】
スーパーには置いてありますが、イタリア人はあんまりケチャップを使いません。アメリカのレストランではどこにでも置いてありますが、イタリアではまず見かけません。イタリアではトマト缶をもとに、自分で作るソースを大切にしているようです。

【選び方】
?アメリカのメーカーで有名なのはHEINZハインツやDELMONTEデルモンテ、日本ではカゴメなど。

【その他】
語源としては、ケチャップはソース全般の事をさす。1795年頃からアメリカで考案されたトマト入りのソースの事をトマトケチャップという。今ではアメリカ、イギリスなでよく使われる。

【基礎知識】
トマト、タマネギ、香辛料、塩、酢が主な原料。日本では洋食屋さんにて、オムライス、ナポリタン、チキンライスなどに使われる。

【代表料理例】※クリックすると、友達サイト自分家レストランのレシピへリンク!





icon-sum-reian.jpg
04:58 | 調味料 【condimento】 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Wed.

ブロッコリー 【broccoli/ブロッコロ】

icon-au-reizou.jpgbuloco.jpg


イタリア人が発明した野菜!

【販売】
全国スーパー

【イタリアン(イタリア料理)での使い方】
欧米で広く食べられるようになったのは第二次世界大戦以降と比較的新しい野菜です。イタリアでキャベツをもとに品種改良され、イタリアの人々に好んで食べられたため、「イタリアン・ブロッコリー」と呼ばれています。

【選び方】
? 先の部分がこんもりともり上がっているもの。
? 中央部が突起しているもの。
? 黄色くなっているものはさける。
? 汚れているものはよくない。
? 水気があるもの。
? しまりのあるもの。
? 持った時にずしりと重いもの。

【その他】
イタリアが原産。日本では千葉県、埼玉県、神奈川県、東京都が産地。


【基礎知識】
ブロッコリーはふつうゆでてから、サラダ、炒めものなどいろいろな料理に使われる。花と茎をいっしょに調理することがほとんどだが、花の部分はやわらかく、煮くずれしやすい。うま煮やスープ煮にする時は若い茎だけを用いるとよい。肉料理のつけあわせとして、青みに使う時は、きれいなみどり色にゆであげるためにも、ビタミンなどの栄養をこわさないためにも、ゆですぎないようにする。
【代表料理例】※クリックすると、友達サイト自分家レストランのレシピへリンク!
04:55 | 野菜  【verdura】 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Wed.

アスパラガス 【asparago/アスパーラゴ】

icon-spr-reizou.jpgasupara.jpg


ミネラル、ビタミン、美肌効果も!

【販売】
全国スーパー ハーブコーナー
輸入品があるため、1年中出回っている。香りも味もよいのは5月?7月ごろ。

【イタリアン(イタリア料理)での使い方】
日本と同じように、ゆでたり、ソテーにしたり。ホワイトアスパラガスはゆでてサラダにも使う。裏ごししてスープにするのもおいしい。

【選び方】
? 穂先がかたくしまっているもの。
? 太さは味にはあまり関係がない。
? 持ってみて重みを感じるもの。
? ホワイト・アスパラガスは、かんづめに加工されることが多い。

【その他】
南ヨーロッパが原産。世界中で食べられている野菜で、日本では北海道が産地。ミネラルやビタミンを豊富に含み、貧血予防や疲労回復などに効果がある。アミノ酸の一種であるアスパラギン酸が新陳代謝を活発にする働きがあり、美肌に良いといわれている。

【基礎知識】
茎についている三角の突起物“はかま”は苦みがあるのでピーラーでとる。半分より下の方は皮が固いので薄くピーラーでむく。

【代表料理例】※クリックすると、友達サイト自分家レストランのレシピへリンク!
04:52 | 野菜  【verdura】 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。