--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Wed.

トマトケチャップ【ketchup di pomodolo /ケチャップ ディ ポモドーロ】

icon-all-reizou.jpgketchup.jpg


イタリア人は使わない!

【販売】
全国スーパー 

【イタリアン(イタリア料理)での使い方】
スーパーには置いてありますが、イタリア人はあんまりケチャップを使いません。アメリカのレストランではどこにでも置いてありますが、イタリアではまず見かけません。イタリアではトマト缶をもとに、自分で作るソースを大切にしているようです。

【選び方】
?アメリカのメーカーで有名なのはHEINZハインツやDELMONTEデルモンテ、日本ではカゴメなど。

【その他】
語源としては、ケチャップはソース全般の事をさす。1795年頃からアメリカで考案されたトマト入りのソースの事をトマトケチャップという。今ではアメリカ、イギリスなでよく使われる。

【基礎知識】
トマト、タマネギ、香辛料、塩、酢が主な原料。日本では洋食屋さんにて、オムライス、ナポリタン、チキンライスなどに使われる。

【代表料理例】※クリックすると、友達サイト自分家レストランのレシピへリンク!





icon-sum-reian.jpg
スポンサーサイト
04:58 | 調味料 【condimento】 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Wed.

トリュフオイル 【olio al tartufo/オーリオ アル タルトゥーフォ】

icon-all-reian.jpgtorifu.jpg



最高の香りを凝縮したオイル

【販売】
高級スーパー、輸入食材店

【イタリアン(イタリア料理)での使い方】
料理の仕上げに、豊かなトリュフの香りを一杯に含んだトリュフオイルを一回し入れると料理が別物のようにおいしくなります。

【選び方】
?高級なので、まずは10mmぐらいの少量ボトルで試してみましょう。

【その他】
白トリュフを使用したものをolio al tartufo bianco、黒トリュフを使用したものをolio al tartufo nero といいます。

【基礎知識】
トリュフオイルとは、世界三大珍味の一つであるトリュフを、上質のエキストラバージンオイルにつけ込んで香り付けしたオイルです。

【代表料理例】※クリックすると、友達サイト自分家レストランのレシピへリンク!
04:49 | 調味料 【condimento】 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Tue.

コショウ 【pepe/ペペ】

icon-sum-reian.jpgpepper.jpg


白と黒の意外な違い!


【販売】
全国スーパー

【基礎知識】
コショウ科の常緑樹の果実。完熟した実の皮をむいて乾燥させたものが白こしょうで、未熟な実を使用したものが黒こしょう。白こしょうの方がマイルドな味わい。


【選び方】
①粉では無く、粒の方が使用直前に粉にした方が香り高い。
②家にミル(粒こしょうを粉にするすり器)が無い場合はミル付きが便利。

【その他】
製法が異なるグリーンペッパーやピンクペッパーなども。
使い方は黒こしょう同様です

pepper2.jpg
【イタリアン(イタリア料理)での使い方】
黒こしょうは辛味が白こしょうに比べて強く、野生的。肉料理に適します。例えばトスカーナ州(州都フィレンツェ)名物Tボーンステーキにはあらびきの黒こしょうをたっぷりと。白こしょうは上品な香りが特徴で、白身魚や鶏肉などの淡泊な素材に合います。また色の淡いホワイトソースなどには、色を汚さないように白こしょうが適しています。
23:44 | 調味料 【condimento】 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Tue.

バルサミコ酢【balsamico】

icon-sum-reian.jpgbalusamiko.jpg


【販売】
 全国スーパー

【イタリアンでの使い方】
イタリア原産のワインとブドウ果汁を煮詰めてつくる熟成酢。1年毎に樽を変えて長期間熟成させて作る。粘度が高く、独特の甘みと香りでそのままソースとしても使用される。

【選び方】
外のクラストと呼ばれる皮がしっかりと硬いもので、中にはクラムという気泡があり、焼き色の美しさと香ばしい臭いなどで善し悪しをみていく。名人になると音だけで判断できるそうだ。

【その他】
① 熟成期間や産地などによって全く味が異なるので注意
② まずは、熟成期間が短めの安価なものから試して、お気に入りを見つける

【基礎知識】
オリーブ・オイルとともにサラダにかけるなどイタリア料理の味つけや香り付け、隠し味に使われます。ほかの食酢にはない甘味があるため、デザートの味付けやトッピングに使われることもあります。

【代表料理例】※クリックすると、友達サイト自分家レストランのレシピへリンク!




03:44 | 調味料 【condimento】 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Tue.

醤油 【salsa di soia/サルサ ディ ソイア】

icon-sum-reian.jpgsho-yu.jpg


日本料理の心!

【販売】
全国スーパー

【イタリアン(イタリア料理)での使い方】
寿司が流行っているため、これもイタリアのスーパーで売っている。イタリアには、海外の食品はほとんどないのに、すし酢やみりんなんかはそろうのだ。けれど肝心の味噌はない。

【その他】
開封後は冷蔵庫へ

【基礎知識】
本醸造しょうゆは、大豆と小麦、食塩に麹菌を加え、発酵させて作る。大豆や小麦のタンパク質やでんぷんが、麹菌や酵母、乳酸菌などの働きで様々に分解され,旨味のもとのアミノ酸、甘みのもとのブドウ糖、その他複雑な味わいの元となる有機酸やアルコールなどを醸し出し、独特の風味となる。

① 濃口醤油 ・・・スタンダード醤油。江戸から続く香りの強い関東醤油。

② 薄口醤油 ・・・関西醤油。仕上げに甘酒を加えるためまろやか。
          色、味,香とも薄め。塩分は高め。

③ たまり醤油 ・・・醤油の原形。小麦はほとんど使わず、大豆と塩が主原料。
          中部地方に多く。刺身用。
03:30 | 調味料 【condimento】 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。