--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Wed.

マッシュルーム 【champignon/シャンピニョン】

icon-au-reizou.jpgmash.jpg


マッシュルームは、英語で
“きのこ”という意味も。


【販売】
全国スーパー 

【イタリアン(イタリア料理)での使い方】
ヨーロッパが原産のきのこ。トマトソースに入れたり、マリネにしたり、オリーブオイル漬けの保存食にしたりと大活躍。実は生でも食べられるめずらしいキノコでもあります。

【選び方】
? かさが丸いもの
? かさがよく引きしまっているもの
? かさの表面がすべすべしているもの
? じくが太くて、短いもの
? じくがかたいもの
? 白い色が茶色に変色していないもの。

【その他】
切り口が空気にふれると赤っぽくなるので、調理をする直前に切るとよい。また、切ったものにレモン汁、白ワインなどをかけておくとよい。のこ類は、水で洗うと味が落ちてしまうが、マッシュルームは、土が全体についていることが多いので、さっと水洗いし、ふきんにつつんで水気をしっかりふいてから使う。

【基礎知識】
ハラタケ科のきのこ。日本では、栽培ものだけしかないので「つくりたけ」といわれます。
マッシュルームには、かさの白色のものと茶色のものがあり、白色のものをホワイト・マッシュルーム、茶色いものをブラウン・マッシュルームと呼び区別しています。ブラウン・マッシュルームのほうが大きく、味が濃厚です。ちなみに、世界中で食べられているマッシュルームは英語で「きのこ」という意味です。

スポンサーサイト
04:35 | その他 【l'altro】 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Wed.

ブランデー【brandy/ブランディー】

icon-sum-reian.jpg

【日本での購入先】 全国スーパー

【基礎知識】     
ワインを蒸留して作る。風味が良いので
料理の仕上げやお菓子に。ステーキの仕上げの
フランベに使ったりする。

【選び方】
① 消臭や香りづけ用なので、そこまで高価なものでなくて良い。


【本場イタリアでは?】
料理に香りをつけたり、魚や肉のにおいをとったりするため。また、うまみや
ほのかな甘みをプラスするために頻繁に使われる。イタリアでは、ブランデーの
一種にグラッパというお酒もよく飲まれる。グラッパはワインを作った後のブドウの
絞りカスを蒸留して作る。
00:21 | その他 【l'altro】 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Wed.

マスカルポーネ【Mascarpone/マスカルポーネ】

icon-sum-reian.jpg

【日本での購入先】 
輸入食材店、中・高級スーパー

【基礎知識】     
マスカルポーネ (Mascarpone) は、イタリア原産のクリーム・チーズ。乳脂肪分が80%前後で天然の甘味があり、固めに泡立てた生クリームに似ている。日本ではティラミスの材料として一躍有名になった。

【選び方】
①高級なものはパルミジャーノ・レッジャーノの製造過程で出た乳脂肪を使用している。

【本場イタリアでは?】
酸味や塩分が少ないことからリゾットその他の料理や菓子によく使われるほか、ゴルゴンゾーラなど塩分の高いブルーチーズを食べる際に混ぜ合わせることも多い。そのような特徴から、味の薄いクラッカーやパンに添えて食べる用途にはあまり向かない。
00:19 | その他 【l'altro】 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Wed.

エスプレッソ【espresso/エスプレッソ】

icon-sum-reian.jpg


【日本での購入先】 
コーヒー豆販売店

【基礎知識】     
エスプレッソとは急ぎという意味。ドリップ式やサイフォン式とは異なり蒸気の力で急速にコーヒーを抽出する。専用の機械(エスプレッソマシーン)にエスプレッソ用(細かく砂塵にしたもの)の粉を使用するエスプレッソマシーン参考サイト http://www.saeco.co.jp/ninacappuccino/index.html

【選び方】
① 通常のコーヒーとは入れ方が全く異なるので注意
② 自宅のコンロで出来る、直火式のエスプレッソ抽出機も便利
  →参考サイト http://caffettiera-espresso.com/

【本場イタリアでは?】
町の至る所にBAR(バール)と呼ばれる立ち飲みエスプレッソバーがあり、仕事前の気付けに一杯のエスプレッソをやるのがイタリア人。日本では、スターバックスでお馴染みのコーヒーです。
00:19 | その他 【l'altro】 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Wed.

アマレット【Amaretto/アマレット】

icon-sum-reian.jpg


【日本での購入先】 
酒類専門店

【基礎知識】     
アマレット(Amaretto)は、アーモンドの香りをもつイタリア産のリキュール。香りがアーモンドに似ているため原料もアーモンドを使用していると思われがちだが、実際は杏仁豆腐等にも使われるアンズの核を使用しているものが主流。

【選び方】
① Amarettoと書かれたものを選びましょう。
② 最も有名なブランド、アマレット・ディ・サローノ
   (Amaretto Di Saronno) はアマレットの元祖。

【本場イタリアでは?】
イタリアのバールでは夜になると、エスプレッソにアマレットを入れる。カフェコレットと言います。その他にも、ストレート・ミルク割・ソーダ割など色々な飲み方を楽しめるリキュールです。もちろんドルチェなどの風味付けにも最適です!
00:18 | その他 【l'altro】 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。