--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Fri.

塩【saleサーレ】

icon-all-reian.jpgumishio.jpg


【日本での購入先】 全国スーパー

【価格】 イタリアシチリア島産で
  1kg200?300円

【基礎知識】  
海水からつくる海塩、岩肌から採取する岩塩、化学精製した食塩などの種類があります。海塩、岩塩の方が、カルシウム・マグネシウムなどのミネラルを多く含み甘みがあります。通の人は料理によって使い分けます。



【選び方】
①海塩であれば、イタリアではシチリア島産やサルデニャ島産が有名
②イタリア語でグロッソ(grosso)と書いてあれば天然そのままの大粒の塩
③イタリア語でフィーネ(fine)と書いてあればグロッソを挽いて小さくしたもの
④日本製のものであれば、成分に天日塩とかかれていればミネラル豊富な海塩

【その他】
グロッソは料理用、フィーネはテーブル用に使われることが多い。

【イタリアン(イタリア料理)での使い方】
オリーブ、塩、こしょうはイタリア三大調味料。3つのバランス感覚が料理のおいしさ
決めます!イタリア人は、ミネラル豊富な海塩を使用します。肉・魚料理やパスタへは、
前述のグロッソを、食卓ではフィーネを使用します。
スポンサーサイト
21:02 | 調味料 【condimento】 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
モッツラレラ 【Mozzarella/モッツァレラ】 | top | トマト 【pomodoro/ポモドーロ】

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://supermarket777.blog66.fc2.com/tb.php/4-7714d6ec
この記 事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。